宅建-過去問

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
宅建ナビトップ ≫ 勉強法TOP ≫ 過去問を征す

過去問を征すものは宅建を征す

宅建資格取得ナビ管理人

過去問を解く勉強法は宅建試験だけに限らず何の資格、受験でも基本ですが、王道でもあります。中でも宅建は意外に過去問の焼き直しが多いんです。

通信講座などでも、過去問が何年分かついてくるところもありますし、宅建の過去問は市販もされてます。

ここでは宅建試験の過去問を解いていく勉強法についての解説です。

過去問は何年分解けばいいの?

このサイトにも「宅建の過去問は何年分やればいいのですか?」などの質問をよくもらいます。

独学の方は、よく市販されてるものが10年分が多いこともあって10年分位が妥当かと思います。解説や本の形状などが気に入って5年分しか掲載されてないような時はそれでも大丈夫です。他の問題集と並行に勉強していくと思いますが、過去問を解くと問題集もやはり過去問をベースに作られてる事がわかると思います。

講座に通ってる方や通信の方はついてくる過去問で十分です。買い足す必要はありません。通信講座や専門学校では過去問もよく出るものに絞ってくれてる場合や出題パターンの違いの解説などがある場合もあります。決められたテキストを何度もやったほうがいいです。過去問も各社3~10年分、ついてます。

宅建の過去問は絶対に最初にやった方がいい

過去問は自分の力試しのために最後にやるので、先にはやらないという人がいます。

宅建の過去問は先にやるべきです。

過去問からはいろいろな情報が得られます。

まずは難易度です。これはやはり実際やってみると、これからどれくらい深く勉強しなければならないのか、どのくらい広く勉強すればいけないのかが見えてきます。これから宅建の勉強をする方はそこから計画をたてるのがいいと思います。

宅建の試験問題は財団法人不動産適正取引推進機構が国土交通大臣から指定試験機関として指定され、各都道府県知事の委任を受けて、各都道府県を試験地として実施するかたちになってますが、出題する側も過去問は意識してるはずです。資格の試験問題は過去問をまったく見ないで作成したらもっと違う路線の問題が毎年でてしまうはずですが、出題される場所は違えど論点は毎年同じです。一気にはずれる事はないです。

過去問はなるべく早いうちに解いて分析する事をお勧めします。

最初はわからなくて当然

宅建講師

宅建の過去問を勉強開始当初にやるとあまり解けないと思いますが、それは当然の事ですので気にしないで下さい。

当然の事ですが実際に出題された問題【過去問】はゴールみたいなモノです。すらすら正解したら勉強する必要なんてありません。

勉強開始当初にやる過去問は分析のためですので、解らなくても気にしないで下さい。ただ過去問を分析したら必ずこれからどういった勉強がどの程度必要かを感じて下さい。

本来の宅建試験の意味を考える

宅建の過去問を分析していると出題者の意図を変に深読みしたりしがちですがやりすぎは注意です。

本来の試験の意味を考えてみると宅建の試験の意味は宅建士になるべき基本的な知識がちゃんとあるか試験してるのです。

近年難易度が高くなってると言えどその根本は変わりません。

現役の宅建士でも解からない、正解しづらい問題は宅建士になろうとしてる人達に出題しても試験の意味がありません。そういった意図を理解して勉強する事も重要です。

管理人おすすめのフォーサイトの詳細はこちら

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.