宅建勉強法|必須事項と勉強のコツ

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
宅建ナビホーム ≫ 勉強法TOP ≫ コツと必須な事

宅建の勉強で必須な事

必須

宅建の勉強法のコツをおさえれば同じ時間の勉強法でも成果は変わってきます。

宅建試験にはどのような姿勢で臨めば合格に近づくのでしょうか? ここでは宅建の勉強をする際の心構えやコツを紹介します。

宅建試験は6割取れば合格

合格ダルマ

宅建の勉強をする際まず、最初に理解したいのは、宅建試験は満点を狙う試験ではないということです。宅建試験は6割取ることができれば合格です。皆さんは何のためにこの試験を受験するのでしょうか? 合格するためですよね。宅建業法や民法の専門家を目指すわけではありませんから完璧に理解する必要はないのです。

不合格者の特徴を観察してみると、膨大な試験範囲のすべてを学習しようと試みて、中途半端な知識で試験に臨んだり、宅建業法にどっぷりと浸かって関係書籍をたくさん読み込んだりするなど試験勉強に無意味なことをしている場合が散見されます。試験合格に直結することだけ学習しましょう。

宅建試験で重要な分野は?

宅建の分野

宅建試験は50問のマークシート試験。うち19問は宅建業法について、14問は権利関係について質問されます。この2分野で約7割を占めているのです。この2分野に注力すれば合格に近づきます。まずこの2分野で、ある程度の点数を確保し、上積みを狙うという戦略が有効です。

特に権利関係では学習法が重要となります。権利関係では民法の知識を問うものが多くなっていますが、民法は条文数が膨大で自己判断のみで学習を進めるべきではありません。そのために、通信教育やスクールがあります。「意思表示」や「不法行為」「抵当権」「連帯保証」などは頻出分野ですが、自分で判断できない場合は、教育機関の力を借りることが合格への早道です。

 

暗記だけに頼らない

らくらく宅建塾

宅建試験は試験範囲が膨大ですからすべてを暗記で乗り切ろうとするのはとうてい無理な話です。宅建試験のなかにはひたすら暗記すべきものと理解に努めるべきものがあります。

前者の代表格は「都市計画法」や「建築基準法」でしょう。区分や数字を覚えることが必要ですが力技で何とかするしかありません。  後者の代表格は「民法」でしょう。事例をもとに理解しながら学習を進めることができれば記憶が強化されます。例えば、連帯保証。「保証」と「連帯保証」の違いを整理しながら、連帯保証はなぜ危険か理解しましょう。そうすれば、「自分は連帯保証人にならないようにしよう!」と実感を持て、学習が進むはずです。

またらくらく宅建塾のような覚え方のコツを書いた市販本なども便利です。当サイトでも「らくらく宅建塾」の評判を検証しています。

管理人おすすめのフォーサイトの詳細はこちら

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.