2013年宅建(宅地建物取引主任者)資格試験ニュース

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
ホーム≫2013年宅建(宅地建物取引主任者)ニュース

2013年宅建(宅地建物取引主任者)ニュース

申込者数 234,586人
男性 170,676人
女性 63,910人
受験者数 186,304人
受験率 79.4%
一般受験者 149,239人
登録講習修了者 37,065人
合格者数 28,470人
合格率 15.3%
登録者合格率 21.0%
合否判定基準 33問正解
平均年齢 34.7歳
最高年齢合格 78歳
最年少合格 15歳

2013年12月4日、不動産適正取引推進機構のホームページにて平成25年度の宅建試験の受験者発表がありました。

合格最低点は33点(登録講習修了者28点)で、全体の合格率は15.3%でした。最低点は昨年度と一緒ですが合格率は例年より低めでした。

2013年度は受験者数は前年度に比べると減っていますが例年並みの水準と言えます。

問6が没問にならず、泣いた人も、笑った人もいるとは思いますが、皆さんはいかがでしたか? 合格した方はおめでとうございます。登録実務講習が必要な方はお早めに。

残念だった方はまた一年がんばりましょう。今回の反省点を生かせたら必ず合格できます。

2013年宅建試験おつかれ様でした

宅建講師

2013年度、宅建試験が終了しました。受験した皆さん、お疲れさまでした。

今年は申込み者数が234,586人、実際の受験者数は186,292人(速報値)で、昨年より少し減少ですが例年並みと言えます。

回答速報が各社からでていますが今年は例年に比べ難易度が高く予備校によって回答が違う問題もあります。

問6はほとんどの宅建専門学校は4が正解としてますが、一部は1か4、1と4としているようで、没問になる可能性があるとも言われています。過去のケースを見ると、解答を「1または4」にするケースと「正当なし」として全員正解とするケースがあるようです。

下の表で各社の合格最低点予想を掲載します。みなさんはいかがでしたか?

講座名 合格最低点予想 講座名 合格最低点予想
日建学院 34±1  TAC 33±1
DAI-X 34±1 LEC 33±1
大栄システム 32  宅建TOP 33±1
大原 33±1  総合資格学院 33

平均33点位でしょうか?各社昨年なみに低い予想をしているようですので、やはり難易度は高かったと言えます。

ちなみに昨年度の各社予想を見てみると去年最低点予想をピッタリ当てたのは、大栄システムでした。今年は問6が没問にならない場合32点になるかもしれません。

 

合格発表は12月4日(水)に不動産適正取引推進機構のホームページに掲載されます。

実務経験のない方は登録実務講習も早めに考えましょう

宅建講師

宅建試験に合格しても都道府県に登録しなくては宅地建物取引主任者として働くことはできません。登録するためには2年以上の実務経験が必要です。そこで、実務経験が2年に満たない方のために設けられたのが登録実務講習です。

当サイトでは登録実務講習が受けられる講座を比較したり、口コミを掲載してますので是非参考にして下さい。

登録実務講習を比較はこちらから

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.