宅建士とは何か解説

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ

宅建士とは

宅建は正式名称を宅地建物取引主任者といいます。1958年に、当時の建設省が、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設した資格です。

以前は「宅地建物取引主任者」ではなく、「宅地建物取引員」と呼ばれていました。通常は略した「宅建」といういい方が普通になっています。

そして平成26年に宅地建物取引業法の一部を改正することが決定し、名称が「宅地建物取引士」に変更になりました。現在でも資格自体は「宅建」と呼びますが資格取得者の事は「宅建士」と呼ぶようになりました。

不動産の仕事の中でも、宅建士にしかできない仕事があり、事業所ごとに5人に1人宅建士を置かなければならない義務があり、そのニーズは高まっています。

ここでは宅建の資格について解説します。

宅建は就職・転職に強い人気の国家資格

順位 資格 受験者数
宅建士 186,304人
行政書士 55,436人
社会保険労務士 49,292人
税理士 45,337人
司法書士 22,494人

2013年申し込み者の多い主要文科系国家資格

宅建は取得すると手当がでたり、就職に有利になるなど人気がある資格です。過去には30万人もの受験者数がありましたが、現在は20万人を切っていますが20万人近くも受験する国家資格は他にはあまりありません。

民間資格ですが日商簿記は宅建並みの受験者数の人気資格です、その事からも受験資格がなく、持っていて損はしないという性質が人気の秘密ではないかと思われます。受験者数も多い事もあり合格率は近年20%を切り15%前後を推移しています。数字だけを見たら超難関に見えますが記念受験、チャレンジ受験も多く、その他の難関資格に比べたら合格しやすい資格です。

ここまでの宅建の人気は上述の不動産業界でのニーズが高いという理由の他には、不動産業界のみならず金融機関や販売・サービス業・一般企業の財務部門等、他の様々な業界からのニーズがあるからです。特に金融機関では、土地や建物を担保として融資を行うことから、宅建の知識が必要になったりします。

土地や建物などの不動産は人の暮らしにとって欠かすことのできない存在です。プライベートで住宅を買う時や賃貸契約を取り交わす際にも宅建の知識が役に立ちます。そういった意味でも宅建の資格のニーズが途切れる可能性は低いと考えられます。宅建はまさに、幅広く役に立ちメリットの多い資格と言えます。

また宅建の勉強範囲は行政書士やマンション管理士、ファイナンシャルプランナーなどの他の資格とかぶる部分が多く、宅建取得後、それらの資格を取るといったケースも多いです。資格スクールによっては抱き合わせでダブル取得を進めてる場合も多く、沢山の方が宅建を足掛かりに他の資格も取得してスキルアップしているのです。

宅建士にしかできない仕事

宅建士しかできない仕事が法律で定められています。

みなさんも経験があるかもしれませんが、マンションやアパートを決める際に物件の紹介や物件を見に行く際は不動産屋さんが担当してるのに契約時には他の人が来て契約をかわしたり、賃貸物件だったら更新は別の人が来るなんて経験があるのではないでしょうか?

これは不動産の売買契約や賃貸借契約をする前に買主や借主にする「重要事項の説明」、重要事項説明書への「記名押印」、契約が成立した後に交付する契約内容書面への「記名押印」は宅建士しかできません。少人数で運営する不動産屋さんによっては外部委託してる場合もあります。

このように宅建主任者の業務は資格所有者しかできない「業務独占資格」なので宅建士のニーズがあるのです。

独立開業するなら

講師の画像

不動産業界は多くのお金や人が関わり、ライバルも多い業種です。なかなか宅建を取得したからといってすぐに独立開業できるような資格ではありません。

しかし昨今の不動産業界では独立して活躍している方も多くなっています。インターネットが発達したため、少ない資金で大きな成功をつかみ取るチャンスはますます増えてきています。そんな中で自身が宅建資格を持っていたら仕事の幅が広がります。

また建築士や税理士、ファイナンシャルプランナーなど、独立営業できる資格のなかでも宅建主任者の資格が必要になってくる場合があります。金融関係や建築関係もお金が発生する際は宅建が必要になってくるケースがあるのです。そういった独立できる資格とあわせて取ることで独立後に役に立つ資格と言えます。

管理人おすすめのフォーサイトの詳細はこちら

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.