宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
MENU

宅建士の試験の合格率

宅建の合格率から見る受験対策

近年の宅建の合格率は15%前後で推移しています。

確かに宅建試験は難関ではありますが、宅建の場合、受験資格がない、マークシート方式の人気資格なので 何にも対策なしで受験するような人がいっぱいいますので合格率の数字だけを気にする事はないです。しっかりとした対策でのぞめば合格できます。

合格最低点に関しては過去問をやる時に自分の点数を見て「この年だったら落ちてた」とか分かるでけでなく、大体の合格レベルがわかりますのでこの点数と比べてみて下さい。自分があとどれだけやらなければいけないかの基準になります。

年度 受験者 合格者 合格率 最低点
1997 184,971人 25,819人 13.9% 34点
1998 179,713人 23,734人 13.6% 30点
1999 172,340人 26,365人 15.0% 30点
2000 163,559人 24,807人 15.1% 30点
2001 160,790人 24,184人 15.0% 34点
2002 165,267人 28,455人 17.2% 36点
2003 165,586人 24,951人 15.0% 35点
2004 169,513人 26,735人 15.8% 32点
2005 162,771人 25,971人 15.9% 33点
2006 165,831人 26,158人 15.8% 34点
2007 175,541人 26,694人 15.2% 35点
2008 170,955人 25,256人 14.8% 33点
2009 158,909人 25,192人 15.9% 33点
2010 186,542人 28,366人 15.2% 36点
2011 188,572人 30,391人 16.1% 36点
2012 191,175人 32,000人 16.7% 33点
2013 186,304人 28,470人 15.3% 33点
2014 192,029人 33,670人 17.5% 32点
2015 194,246人 30,028人 15.4% 31点
2016 198,463人 30,589人 15.4% 35点
2017 209,354人 32,644人 15.6% 35点

宅建の難易度は15%前後の合格率なのに世間では簡単などと言われる不思議な試験ですが、85%の人は落ちてるわけです。準備不足で臨んだら85%側に行ってしまいます。時間をしっかりかけて勉強しましょう。宅建通信講座各社の平均的な標準学習期間は6ヶ月です。1ヶ月の短期コースなどがある講座もありますが、1ヶ月では短期なんだと認識しなくてはいけません。

宅建試験合格率|都道府県別

年度 合格率1位 合格率ワースト
1997年 徳島県(16.5%) 沖縄県(9.3%)
1998年 東京都(16.0%) 岩手県(8.5%)
1999年 高知県(18.6%) 沖縄県(11.1%)
2000年 高知県(17.8%) 岩手県(11.2%)
2001年 高知県(17.6%) 沖縄県(9.5%)
2002年 鳥取県(19.2%) 島根県(12.8%)
2003年 山形県(18.4%) 沖縄県(11.0%)
2004年 香川県(17.6%) 秋田県(11.6%)
2005年 鳥取県(19.2%) 沖縄県(12.2%)
2006年 島根県(20.7%) 沖縄県(10.8%)
2007年 鳥取県(19.6%) 沖縄県(12.4%)
2008年 島根県(18.5%) 沖縄県(11.0%)
2009年 鳥取県(19.8%) 沖縄県(12.8%)
2010年 福井県(17.7%) 秋田県(11.1%)
2011年 東京都(17.9%) 山梨県(11.6%)
2012年 高知県(18.5%) 福島県(12.7%)
2013年 福井県(20.0%) 山梨県(11.8%)
2014年 高知県(20.8%) 佐賀県(10.8%)
2015年 福井県(17.7%) 秋田県(11.0%)
2016年 鳥取県(18.2%) 福島県(10.6%)
2017年 東京都(17.5%) 山梨県(11.9%)

宅建試験合格率の都道府県別、職業別、男女別の合格者統計です。宅建勉強にはあまり関係ないかもしれませんが参考までに。

都市部に合格者が集中する傾向、女性が合格率が高い点にも注目してみました。

宅建試験合格率、都道府県別の、1位とワーストの表です。

他の資格などでもよくあるのは、宅建の専門学校などが集中する都市部がどうしても有利になってしまう,などと言われますが近年はあまりその傾向が見られないです。

1997年までは東京が1位という事が多かったのですが通信講座やネットで学べる環境が整ってくると地域差はほとんどなくなってます。

島根に関してはワーストも近年はトップもありますね。おとなり鳥取は1位常連で鳥取、島根が多くて字的に見ずらいという・・・・失礼しました。四国が多い印象もありますが特に高知はよく1位になっています。受験者数が極端に少ないためどちらにも転びやすいという事もあるかもしれません。

2010年度は2005年度に最下位だった秋田が再び最下位となってます。秋田は教育県として有名ですが宅建試験においては関係ないようです。

しかしこのデータも、受験者数が何万人もいる都市と千人以下の地域を比べてるのであまり参考にならないかもしれません。

宅建試験合格率|職業別

平成19、20年度の職業別合格者構成比です。

職業別合格者構成比グラフ

宅建の資格は、不動産業だけでなくやはりいろいろな業種で使われてる事がわかります。金融関係は土地を担保になどする事などありますし、建築関係も建物を建てて不動産になるのですから関係ある職業といえます。学生のうちに取得する方も10%もいるんですね。

宅建とあわせて取得する人気資格としては行政書士、FP、管理業務主任者、マンション管理士、中小企業診断士などがあります。FP、行政書士は試験範囲が宅建とかぶる部分も多くダブル取得する方が多いようです。

宅建試験合格率|男女別

宅建の合格者数、男女別(カッコ内は合格率)

年度 男性合格者数 女性合格者数
2005年 22,595(16.6%) 8,925(19.5%)
2006年 23,825(16.5%) 9,366(19.0%)
2007年 26,550(17.1%) 9,653(17.8%)
2008年 24,172(15.7%) 9,774(17.6%)
2009年 25,309(17.5%) 9,609(18.8%)
2010年 20,634(14.9%) 7,677(15.8%)
2011年 21,787(15.7%) 8,604(17.4%)
2012年 23,018(16.5%) 8,982(17.5%)
2013年 19,454(14.4%) 9,016(17.5%)
2014年 23,358(16.9%) 10,312(18.9%)
2015年 20,471(14.8%) 9,557(16.7%)
2016年 20,450(14.7%) 10,139(16.9%)
2017年 21,677(15.0%) 10,967(16.7%)

宅建の合格率は女性の方が年によっては3%も合格率が高いです。

一般的にはコツコツと学習する方が多いと思われる女性の方が、 有利だからではないでしょうか?

何も準備なしで、マークシートで受験資格もないからと受けてしまうのは男性が多いような気もしますが。

受験者数も男女で違うので何とも言えませんが・・・どちらにせよ女性の方が毎年合格率が高いです。

資格を取得してキャリアアップしていくのは堅実なキャリアアップ方法です。そういう意味では女性は堅実なイメージがあります。

宅建と他の資格との合格率比較

資格 受験資格 受験者数 合格者数 合格率
宅建 無し 191,175人 32,000人 16.7%
行政書士 無し 66,297人 5,337人 8.05%
FP1級 有り 5,266人 394人 7.5%
マンション管理士 無し 16,404人 1,498人 9.1%
管理業務主任者 無し 19,460人 3,811人 19.6%
中小企業診断士 1次無 17,168人 3,519人 23.5%
司法書士 無し 25,696人 879人 2.8%

宅建とあわせて持っておくと便利な資格の合格率、受験者は上記の通りです。宅建は受験者数は圧倒的に多いですが合格率は10%以下の資格が沢山あります。中小企業診断士は合格率は高いようですが中小企業診断士は2次試験もあります。

管理業務主任者は宅建と被る内容も多く、同じ不動産業を中心に役に立つのであわせて取りたい資格の一つですが、年々難易度が上がっています。

安定してる宅建の合格率と基準点

宅建の受験者数と合格基準点を見て思った事は、どの数字も毎年似通ってる点です。

宅建資格の人気

これは他の試験などでもよくある事ですが、主催者側が合格率(合格者数)をコントロールしてると言われています。15%前後の合格率が多い事も関係してます。

ウィキペッディアによると「宅建は合格率に対応した得点が合格基準点に設定されていると推測される」とはあります。 何万人も受験して15%台が続いてる事から「15%前後になるようにする」事から決めて採点後、合格基準点を決めるやり方をしてると思われます。

どちらにせよ受験者数が1万人前後変わっても合格最低点が33,4点で安定してる点から、 出題される問題の難易度は毎年同じ位になるようにかなりシビアに調整されてる、と言えます。

その事から対策出来る事は、過去問を研究し、その難易度がどれくらいか理解し、その難易度よりかなり度を越えた難易度の問題や、簡単すぎるものは切っていくといった絞り込みです。簡単だと感じれるレベルであれば、「簡単な問題は切る」といった考え方は必要ないかもしれませんが・・

    おすすめベスト3
  • ボタン
  • ボタン
  • ボタン
Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.