宅建の登録実務講習と登録講習とは何か解説

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
宅建ナビホーム ≫ 登録実務講習と登録講習

登録実務講習と登録講習について

宅建登録実務講習と宅建登録講習は字が似てるので混同してる初学者も多いのではないでしょうか?

基本的には登録講習は試験を受ける前に受ける講習、登録実務講習は宅建取得後に受ける講習です。どちらも実は受けなくても宅建は取得できます。では何故存在するのでしょう?ここでは違いを詳しく解説します。

宅建登録実務講習は合格後の登録

宅建登録実務講習は宅地建物取引主任者試験に合格したあとは都道府県知事の登録を受けなければなりません。 受験以前の10年間で2年以上の実務経験をしているか、または国土交通大臣が能力を認めた場合にしか登録することができません。

もし2年以上の実務経験がない場合には宅建登録実務講習を受講して2年間の実務経験と同等の能力があると認定してもらう必要があります。上記の”国土交通大臣が能力を認めた場合”というのがこれにあたります。

受講できる機関は宅建の専門学校や専門機関などです。当サイトでも宅建登録実務講習が受講できる学校の比較表を作りましたので是非参考にして下さい。

おすすめの宅建登録実務講習が受講可能な機関比較

宅建登録講習は宅建試験で回答免除免除が受けられる

宅建登録講習は宅建業についてる方は誰でも受講できます。

そして何よりも大きなメリットとして回答免除があげられます。

これは宅建登録実務講習の修了者は取得後3回の宅建試験において50点中5点の回答免除になります。

1点に泣く人が大勢いる中、これはおおいに活用すべきシステムかと思います。

宅建登録講習が受講できる機関のページを作りましたので是非参考にして下さい。

おすすめの宅建登録講習が受講可能な機関比較

宅建登録実務講習と宅建登録講習の大きな流れ

登録実務講習の流れ 宅建資格の人気

宅建登録実務講習、宅建登録講習はどこの学校、機関でもだいたいこういった流れになります。

違いは通信講座の期間が1ヶ月の所もありますし、料金が1万円台から3万円台まで違ったりします。

登録講習では授業中に終了試験にでるポイントを教えてくれたり、終了試験にテキスト持込可能の所もあります。それでも本番の5点分になるので受講をおすすめします。

登録実務講習、登録講習をお考えの方へ

宅建不動産資格ナビ

宅建登録実務講習、宅建登録講習の受講できる学校を探す場合、通信講座を検討する時とは違い2日間のスクーリングがあるため、住んでる所から通える場所で探すというのも条件になってきます。

そこで管理人のおすすめは「総合資格ナビ」というサイトです。

「総合資格ナビ」では通学の学校を探す時は自分の住んでる地域にある学校の検索ができるので近くの教室が探せます。

それに沢山の学校の資料請求をして比較するとなると住所などの入力が意外に面倒ですよね。「総合資格ナビ」では欲しい宅建通信講座、専門学校にチェックをいれていくだけですのでたくさんの講座、学校が気になるという方はぜひこちらのサイトを利用してください。

複数の通信講座や専門学校の資料請求して、資料が届くと「本当に自分は宅建を取るんだ!」という気持ちになりますし、宅建の全体の事がうっすらわかってきます。

宅建の取得を目指すなら総合資格ナビ!

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.