たのまなの宅建講座を紹介しています

宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ

たのまなの宅建講座

たのまなのロゴ

さまざまな資格取得のための通信講座を運営している「たのまな」ですがヒューマンという専門学校を母体とする資格通信専門校です。

「ヒューマン」は街で見かけたり、テレビCMで見たことがあるのではないでしょうか?

以前は宅建や行政書士などの専門性の高い資格はヒューマンの通学講座のみでしたが、新たに「たのまな」でも宅建通信講座が開始されましたので 紹介します。

たのまな詳細はこちらから

まずはとにかく安い

たのまなの宅建講座テキスト

通常の宅建通信講座は高いところだと15万円、平均的な所で5万円。当サイトで紹介してる講座の中で最も安い講座で2万8千円でした。

しかしたのまなでは19,440円(税込 一括払い)という破格の料金になっています。

これは初学者向けでテキスト、添削回数が少ない事、他社との業務提携でコストを削減してる点でこの価格を実現していると予想できます。

近年の宅建講座は、各社こぞって”出る範囲にしぼって効率的に学習”という考え方が主流ですが、たのまなの宅建講座はその究極系とも言えます。

初学者向け、だけどしっかり合格

管理人のイラスト

たのまなの宅建講座のテキストは”わかりやすく、取組みやすい教材”というのが売りです。初学者でも始めやすい丁寧な解説になっています。

初学者向けだからと言ってもしっかり学習したらもちろん合格できます。

効率よく試験に合格するためには、過去問題の分析が必須ですが、たのまなのテーマ別問題集は過去4年分の本試験問題をテーマ別に収録してますので、自身で過去問分析などはする必要はありません。試験対策を確実に行うことができます。

添削やサポートは?

合格だるま

たのまなでは解らない箇所が出てきたら付属の質問表かメールで質問ができます。独学では解らない箇所が出てきたら学習がストップしてしまい挫折の原因になりがちですが、たのまなではそのような事はありません。

添削は基礎的な問題と応用的な問題の2種類。基礎をしっかり固めてから応用問題に進むことで確実に実力を付けます。

また、2017年度の法令改正も法令改正に関する解説講義もありますので最新情報に関しても心配はいりません。

標準学習期間は6ヶ月ですがサポート12ヶ月までありますので自身のペースで学習できます。

結局たのまなの宅建講座ってどう?

講師のイラスト

たのまなの宅建講座は初学者のかた、全く初めて宅建を0から学ぶ方にはかなりおすすめです。

費用も安いですし、質問、添削、サポートのコスパも申し分ありませんし、初学者にとっては勉強を開始するとっつきやすさは重要です。

その意味においても、たのまなの宅建講座はかなりお勧めの講座です。まずは資料請求をして詳しく調べましょう。

たのまな詳細はこちらから

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.