宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ
MENU

資格スクエアの宅建通信講座

宅建ナビホーム ≫ 通信講座比較TOP ≫ 資格スクエア

資格スクエアの宅建通信講座はどうなの?

資格スクエアのロゴ

資格スクエアはオンライン学習で学ぶ通信講座です。動画講義は1講座5分〜30分で構成されているので、隙間時間を利用して効率よく学ぶことができます。テキストは動画と一緒に表示されるオリジナルレジュメを主に使用、画面上でマーカーを引いたり付箋を貼ったり、自分なりにカスタマイズすることができる仕組みになっています。

資格スクエアの詳細はこちら

資格スクエアの宅建講座の学習法

資格スクエアのテキスト

資格スクエアの宅建講座「宅建合格パック」はインプット講座(約50時間)、アウトプット講座(約40時間)、直前対策講座(約10時間)という構成になっています。

テキストにはオリジナルレジュメの他、「クラウド宅建士TWIN Vol.1&Vol.2」を使用します。まずオンライン講義動画にて「インプット講座」を視聴、1講座終わるごとに「アウトプット講座」に取り組みます。このサイクルをどんどん回していくことがこの講座のポイントです。宅建試験は過去問からの出題が多い傾向にあることから、合格するために重要な部分については他の講座よりも丁寧に説明し、合格に直接影響しないような部分は割愛するなど、あくまでも「合格点を取るための勉強」に徹することで最短距離で合格できる仕組みになっています。

資格スクエアのスクエアメソッドとは?

スクエアメゾット

資格スクエアのスクエアメソッドとは"Self Learning"(自主学習)と"Question"(問題演習と質問)、"Advice"(助言)というサイクルを徹底的に何度も反復して力をつけていく勉強法です。

これは脳科学ラーニングという最先端のオンライン学習システムに裏付けされた資格スクエア独自の勉強法になります。脳科学に裏打ちされたこの勉強法によって、勉強の本質である「効率」と「継続」を両立することが可能となり、合格へと結びついていくのです。

脳科学ではインプットとアウトプットの最適比率は1:3とされているため、資格スクエアでは特にアウトプットを重要視しています。つまり、何度もテキストを読むよりも問題演習をたくさん行うことが大切なのです。

評判や口コミを見ると

口コミ

資格スクエアは社会人や子育て真っ最中の人など、通学スタイルの勉強ができない人が多く受講しているため、「隙間時間を利用できたことで学習がはかどった」「スマホ1つで勉強ができたことが何よりも助かった」「講義動画とレジュメが一緒に見れることがよい」など利便性、効率性が高く評価されています。

また質の高い講師陣の分かりやすい丁寧な解説やレジュメのお陰で、学ぶべきポイントが明確に把握できるという点もおすすめポイントです。

資格スクエアの詳細はこちら

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.