宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ

宅建資格取得勉強法

宅建ナビホーム ≫ 宅建の勉強法は通信講座でいいの?

宅建資格取得には通信講座?通学?独学?

宅建資格取得ナビ管理人

宅建の勉強については大きく分けて

  • 専門学校などの教室に通って勉強する。
  • ユーキャンなどの通信講座を受講して勉強する。
  • 書店などで書籍を購入して独学で勉強する。

この3つの勉強法があります。

どの勉強法がいいかは、個人の環境にもよりますが、ここではメリット、デメリットを紹介していきます。

宅建の専門学校に通う

宅建資格取得を目指す方は、すでに仕事についてる方が多いかと思いますが、 時間とお金の捻出さえ出来きて、専門学校に通える範囲に住んでる方は、通ったほうがいいと思います。

例えば専門学校によっては合格率が60%台から70%台の年もあるようです。 近年の宅建の合格率全国平均が15%台という事を考えればかなり高い合格率と言えます。

地方と都市部で合格率がちがうの理由の一つに専門学校などがある都市部が有利だからと言われたりしますが、逆に言うとやはり専門学校に通うと合格率が上がると数字が証明してしまってるとも言えます。

専門学校に通うメリットに自分を勉強に向かわせるというメリットがあります。学費を払ってますので一回の授業も聞き逃さず集中しようと思えるのは当然です。

なかなか家での独学や通信講座でなかなか机に向かえない方や、なかなかスタートが切れない方は専門学校に通うやり方がいいと思います。

ただ環境にもよると思いますので必ずしも専門学校にいかなければならないという事ではないです。通信講座や独学で合格した方も大勢います。

通信講座で勉強する

通信講座で勉強するメリットとしては時間の融通が効くという点です。特に働いてる方にとっては学校に通うとしたら、時間の捻出に苦労します。

学費の点では専門学校に通学するよりは通信講座の方が安い場合が多いです。

デメリットとしては、通信ではいつやっても良いと思って勉強をやらなくなってしまう点です。

通信講座によっては渡しっぱなしではなく配本を何回かにわけたり、添削範囲や期間をある程度わけるなどの工夫をしてる所もあるようですが。

専門学校や教室に行くにせよ、家での学習時間が取れないと合格はできませんので、これは通信講座のみに限った事ではないかもしれませんね。

宅建を独学で勉強する

独学のメリットは費用がかからない点です。

宅建のテキスト、問題集は他の資格に比べたらかなり市販のモノが豊富にあります。時間にしても教室に通うために教室の時間に合わせるといった事はないです。

独学のデメリットは解らない所で勉強が止まってしまう点です。通信や専門では、質問や添削がついてるので、わからない所があったら質問できます。解らなかった時に放っておくと挫折の原因にもなりかねません。

おすすめの宅建勉強法

宅建資格取得ナビ講師

宅建の資格取得のためには専門学校か通信か独学かの観点で言うと、ずばり一番のお勧めは通信講座と過去問をベースにして勉強していき、早い段階で一度、短期の講座かセミナーに行ってみるという方法です。

通信講座をベースにするのはよくあるケースですが、これは自分のペースで出来る事と覚える範囲をある程度絞れるのが大きいです。

短期講座をすすめる理由

短期の講習に一度通ってみるというのは、そういった教室、講座では宅建の勉強のやり方やコツを短期間で学べます。ある程度やり方さえわかってしまえばあとは家でもどこでも自分でできますし。そういった講座で学ぶのはあくまで最初のやり方だと考えます。

ネットで1日のセミナーや4日位の講座が結構あるし、合格体験記やネットの質問掲示盤を見るとやはりそのような短期講座がスタートダッシュのため、勉強のやり方や試験の感じをつかむのに役立ったという人は結構いたので短期講座はおすすめです。

他の利点としては他の方が実際どんな感じで取り組んでるか見れる事です。やる気も起きるでしょうし、仲間ができるかもしれません。一人でやるよりは仲間がいる事でいいプレッシャーにもいい刺激にもなります。

時間と出費の問題

短期講座とはいえ、時間のと出費が少々問題になってきます。大手宅建講座では受講会場を選べるようになどの工夫もあるようですが、時間がどうしても合わないという方も地方に住んでいて近くに専門学校がない方もいると思います。

宅建の資格取得のために一番大事なのは時間です。

出費という点では私個人の考え方ですが、自分の将来への投資と考えて割り切ります。かと言って何万円もする講座に何も考えず受講するのではなく比較検討をちゃんとして自分にあった講座を探す事をお勧めします。最初の一歩を踏み出す切っ掛けとして短期講座はすごくいいです。

スタートがうまくできない方は講座に短期間通う事を切っ掛けにしてスタートが切れます。それだけでも行く価値があると思います。

宅建の勉強を始めるきっかけは講座の資料請求

宅建の勉強を始めようと思っても社会人になるとなかなか机に向かって勉強しようにも、なかなか切っ掛けがないと難しいものです。宅建資格取得を目指したばかりの頃は「何から手をつければいいかわからない」「思うように勉強が始められない」「独学で本当に大丈夫なのか?」と感じてる方は多いのではないでしょうか。

頭のいい人ほど効率の事や勉強のための勉強などをしてしまい、その目的から遠回りしがちなものです。「講座や本の比較に夢中になって肝心の勉強はしてない」なんて経験はありませんか?

忙しい日々の中で確実に合格するには専門的な指導を受けるのが極めて効率のいい手段です。勉強しててわからない事が出てくると勉強が止まってしまいます。それが積み重なると挫折する原因になります。通信講座では質問もできますし、添削サービスも勉強のペースメーカーになりますので挫折する可能性は低くなります。

それがわかっていても、なかなか1歩が踏み出せない方は通信講座や専門学校の資料請求をすると勉強を始めるきっかけになるのでお薦めです。まず実際の行動をおこす事で自分のやる気にスイッチを入れるのです。

「いつか~になりたい」のままではそれは夢に終わってしまいます。

「今年の試験で宅建に合格する。」「明日宅建試験を申し込む。」「今すぐ資料請求する。」などの具体的な目標を持ちましょう。勉強は、始めるまでが、本当に大変です。しかし逆に言うとこれをきっかけに勉強を始められたら目標にかなり近づけたと言えます。実際に資料が届くと「自分は本当に宅建を受けるんだ。」という実感が湧いてきます。

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.