らくらく宅建塾だけで合格できるのか?

宅建ナビホーム ≫ らくらく宅建塾の評判・口コミ

らくらく宅建塾の評判、口コミ

らくらく宅建塾

宅建資格取得を独学で目指してる方はらくらく宅建塾の名前を1度は聞いたことがあると思います。

アマゾンの売り上げランキングでも毎年1位から10位まで「らくらく宅建塾」がほとんど上位をしめますし、yahoo知恵袋などの口コミサイトをみても評判は高いです。

売れてるからと言って必ずしもいいものとは限りませんが、アマゾンで上位に来てる参考書は何かしら訳があって売れてるはずです。

ここでは「らくらく宅建塾」の評判や口コミを紹介します。

らくらく宅建塾基本データ

宅建講師

らくらく宅建塾は、宅建学院の創立者にして終身総長(この書籍が刊行された当時に掲載されていた)である佐藤孝先生の著書です。シリーズをあわせると累計100万部を売り上げました。週刊住宅新聞社から出版された単行本で2010年版は総ページ数512ページ、サイズは21.2 x 15 x 3 cm でA5くらいのサイズです。

佐藤孝先生は平成9年・平成10年の2年連続全国最年少者合格者(15歳)を輩出している実績をもっていて、今でも山梨の宅建学院甲府校で講師をしてるようです。

らくらく宅建塾の最大の特徴はやはり、覚えにくいところをゴロ合わせや替え歌にしたりする独自の学習法です。一部の方が極まれにこういった語呂合わせや替え歌がふざけてる感じにとらえてしまい敬遠してしまっている方もいるようです。

しかし語呂合わせや替え歌でイメージしたものを記憶するやり方は右脳を使う記憶術として確立されています。「らくらく宅建塾」に限らず世間でよく売られているような記憶術の類はほとんどがこのようなイメージ化して右脳に記憶させるものです。

しかし強いインパクトのあるイメージにすると覚えやすいとわかっていても、なかなか宅建のような法律用語もたくさん出てくる資格試験では自身ですべて語呂合わせや替え歌にするのは至難の技です。しかし「らくらく宅建塾」では、ほぼすべての重要項目が覚えやすく変換されています。

あとは出題頻度の高い項目で合格点を目指してる点も人気の秘密かと思います。口コミサイトでは3ヶ月「らくらく宅建塾」のみを勉強して41点で合格した方もいました。

らくらく宅建塾、アマゾンでの評判

【アマゾン・ビジネス関連 > 宅建士で売り上げ1位】

覚えにくいところもゴロ合わせや替え歌で征服。日本一わかりやすい究極の教科書と紹介にあるように、とにかく何処をどう暗記したらいいか明確になってる本です。

シリーズ累計100万部達成もうなづけます。

アマゾンカスタマーレビューでの評判

私は、43歳の金融業に勤務する普通のサラリ-マンです。 私は、宅建試験を受けようと思った最初の年度に、大原学園グループの「宅建主任者講座」を購入し、受験したのですが、見事に不合格でした。理由は、テキストのどこの何を暗記すればいいのか明確ではなかったことです。翌年度、本屋で、良書を探していたところ、この「らくらく宅建塾」に出会いました

シリーズでアマゾンの宅建書籍売り上げランクを独占

らくらく宅建塾シリーズはアマゾンの宅建書籍の売り上げランキング1位から4位を独占し、9位も同シリーズでした。やはりこういったベストセラーには売れるだけのなにかがあるのでしょう。

「らくらく宅建塾」口コミサイトでの評判

OK

【Q】独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

【A1】私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。 私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

【A2】確かに「らくらく宅建」は初学者の方には取っ付きがいいので、最も 売れているシリーズだと思われます。ただ本当に合格するための最低 限の内容になっていますので、去年のような「過去問で対応できない 新傾向」の出題が多い年には弱点を露呈します。まあ、それでも合格 する方は普通に合格しますが、それは過去問をキッチリやったかどう かの差が表れていると言えます。

ヤフー

【Q】自分は宅建受験を考えている者です。らくらく宅建塾を使って勉強をしています。しかしこの本を買う際に色々と調べていたのですが、どうも分野によってはあまり詳しく書かれていないところもあるという感想が結構見られました。

【A】確かに参考書、問題集など統一したほうがいいと言う話はよく耳にしますが、それぞれのモノに長所があると考え、このような形になりました。 らくらくは全体的に出題頻度の低い箇所は省いているので人によっては内容が足りなく感じるかもしれませんが、そこが長所なのです。初期段階の学習にはらくらくはわかりやすくて優れています。 合否に影響する重点箇所はしっかりしてます。

らくらく宅建塾
Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.