宅建合格のための通信講座、勉強法、専門学校などの比較、口コミ

宅建試験出題傾向

宅建ナビホーム ≫ 勉強法TOP ≫ 宅建試験出題傾向と過去問攻略

宅建の試験出題傾向

宅建資格取得ナビ講師

宅建の過去問を10年分位解いてると、意外に焼き直しが多い事に気付きます。10年間に2度以上出題された項目の問題が50問中36問位あります。 2回以上出題されたことのある学習項目を完全に正答できるようにすれば、36点以上が取れるわけです。合格基準点が35点前後ですので出題傾向の高い項目はおさえておきたいところです。

宅建科目別出題傾向と出題割合変更

宅建の試験は「権利関係」「宅地建物取引業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの科目から出題されます。合格基準点は、毎年50点中35点前後になることが多く約7割の正解で合格となります。

問題数14問の権利関係は民法を中心に出題されます。法律の条文だけでなく判例からも出題されるので、出題範囲が広く難しい科目です。試験対策としては、深入りして時間を使いすぎないように気をつけましょう。

本番でも最初に出題されますが、難しい場合は飛ばして残り時間で解くようにしましょう。

宅地建物取引業法からは、毎年20問が出題されます。基礎的な知識をもとにした事例を用いた問題が多く出題されますので、勉強した分だけ得点に結びつく分野です。20点を目指すつもりで時間をかけましょう

法令上の制限は全8問出題で、「建築基準法」や「農地法」など、土地や建物に関する問題です。ここは一見難しく見えがちな科目ですが、似たような事が毎年出題されポイントは絞り込みやすいので確実に基本をおさえましょう。

税・その他は全8問出題で、宅地や建物に関する税や「地価公示法」、「不当景品類及び不当表示防止法」など広い範囲にわたって出題されます。「税・その他」は設問によっての難易度の差が激しく、難しい問題は切り捨ててもいいのですが、簡単な問題は確実に回答できるようにしましょう。

宅建出題形式比較

宅建試験では4つの出題形式があります。

  • 1、正誤問題 正しいものはどれか,または誤っているものはどれか
  • 2、選択問題 該当する(しない)ものはどれか
  • 3、個数問題 該当する(しない)ものはいくつあるか
  • 4、組合せ問題 該当する(しない)ものの組合せはどれか

最も出題数が多いのは正誤問題ですが個数問題と組み合わせ問題も10問近く(2017年まで8問平均でしたが2018年は4問)出題されます。

基本的には正誤問題の解き方で他の問題も解けますが、個数問題と組み合わせ問題は数をこなして問題になれる事が必要です。

過去問を分析してみましょう

宅建資格取得ナビ管理人

過去問を解く勉強法は宅建試験だけに限らず何の資格、受験でも基本ですが、王道でもあります。中でも宅建は意外に過去問の焼き直しが多い資格です。通信講座などでも、過去問が何年分かついてくるところもありますし、宅建の過去問は市販もされてます。

過去問は何年分解けばいいの?

「宅建の過去問は何年分やればいいのですか?」との質問をよく見ます。

独学の方は、よく市販されてるものが10年分が多いこともあって10年分位が妥当かと思います。他の問題集と並行に勉強していくと思いますが、過去問を解くと問題集もやはり過去問をベースに作られてる事がわかると思います。

講座に通ってる方や通信の方はついてくる過去問で十分です。買い足す必要はありません。通信講座や専門学校では過去問もよく出るものに絞ってくれてる場合や、出題パターンの違いの解説などがある場合もあります。決められたテキストを何度もやったほうがいいです。

また10年以上前の古すぎる過去問は法改正で答えが現在と違ってしまうような場合があるので気をつけましょう。

宅建の過去問は絶対に最初にやった方がいい

過去問は自分の力試しのために最後にやるので、先にはやらないという人がいまが、宅建の過去問は先にやるべきです。

過去問からはいろいろな情報が得られます。

まずは難易度です。これはやはり実際やってみると、これからどれくらい深く勉強しなければならないのか、どのくらい広く勉強すればいけないのかが見えてきます。これから宅建の勉強をする方はそこから計画をたてるのがいいと思います。

宅建の試験問題は毎年あんなに沢山の人が受けてるのに合格点は35点前後におさまります。出題する側も、かぶりや古い法律を出題するわけにはいかないので、過去問は絶対に把握してるはずです。ですので過去問はなるべく早いうちに解いて分析する事をお勧めします。

最初はわからなくて当然

宅建講師

宅建の過去問を勉強開始当初にやるとあまり解けないと思いますが、それは当然の事ですので気にしないで下さい。

当然の事ですが実際に出題された問題【過去問】はゴールみたいなモノです。すらすら正解したら勉強する必要なんてありません。

勉強開始当初にやる過去問は分析のためですので、解らなくても気にしないで下さい。ただ過去問を分析したら必ずこれからどういった勉強がどの程度必要かを感じて下さい。

宅建の過去問を分析していると出題者の意図を変に深読みしたりしがちですがやりすぎは注意です。

本来の試験の意味を考えてみると宅建の試験の意味は宅建士になるべき基本的な知識がちゃんとあるか試験してるのです。

効率よく宅建資格取得したい方は

宅建のテキストや問題集の収集家になってしまっていませんか?

闇雲にテキストや問題集を購入して本棚に入れて満足する。いろいろなテキストに手を出して気づいたら偏った所ばかりやってる。試験に出題されそうにない範囲ばかりやっていた。

そんな方は以外に多いのではないでしょうか?実際私もそうでした。

系統立て学習できるひとつの講座を受講する事をお勧めします。宅建資格取得において一番大事なのは時間です。通信講座を受講すればはテキスト選びにはもう迷わないで勉強をはじめられます。

Copyright © 宅建資格取得ナビ-通信講座比較サイト-All Rights Reserved.